FANDOM


東京都立戸山高等学校/歴史(とうきょうとりつとやまこうとうがっこうのれきし)では、東京都立戸山高等学校の開校から現在に至るまでの歴史を略述する。

沿革 編集

略歴 編集

皇典講究所の附属の私立学校として創設されたのが本校の由来である。当初は東京府尋常中學(日比谷)の補充的位置にあったが、その連絡もなくなり私立の共立中學校となった。ただ、1886年及び1891年の中学校令公布により、1府県1中学と定められたことにより東京に受験生が集まらなくなった私立各校とも軒並み経営が傾き、当時官公立校に対してだけ認められていた在学生に対する徴兵猶予や校地に対する免税などの特権を得る便法としての有利な条件も働き、数多ある私学のうち、共立中學(戸山)と共立學校(開成)が東京府の管轄下に入りそれぞれ東京府城北中學、東京府開成中學と名を改めた[1]。以後、開成は私立に戻り、戸山は府立第四中学と名称を改め、現在に至る。

府の管轄に留まったのは、当時の私立は江戸時代以来の寺子屋や塾など雑多であり、或は受験予備校的色彩が強く教科目も偏り正統性を持ち得なかったこと、それに対して官公立諸学校が当時の国家存立の教育手段として革新的位置づけにあった為である。また補充中学以来「府立」の名を慕って入学してくる生徒も多かった[1]

府立四中中興の祖・深井鑑一郎校長(在任:1898~1938)時代は、一中(日比谷)を追い越すことを念頭に東京一の中学を目指し、猛勉と規律を強制した厳しさが特に知られる[2]。現在の都立の教育環境からは想像もつかないが、始業式当日に式の後に授業があった程で、予習・復習をがっちりやらせ、それを怠った場合や指されて応答できなかった場合は居残りをさせた。校則も大変厳しく中退者も1割に達するなど当時は「死中」と呼ばれるほどであった。主な成果として、毎年一高合格者数で一中に肉迫し、時には一中を抑えて首位の座に躍り出たり、また昭和10年代に入ってからほぼ毎年旧制高等学校現役合格率は首位に立っていた。更にもともと位置していた市ヶ谷という場所柄、軍人の子弟が多く陸軍幼年学校、陸軍士官学校、海軍兵学校等の軍学校にも数多く入学していった。スパルタ教育はこういうことも原因があると思われる。又深井校長が昔の人間であった為か、漢文教育にも力を入れていた。

1950~60年代の都立高校全盛期には、日比谷高校・西高校・新宿高校等と共に東京大学へ多数の進学者を輩出していた。1967年に導入された学校群制度等の影響下、本校や西高校においては、日比谷高校等多くの都立校の進学実績面における急落に比べると緩やかなものに留まり、上位進学校の地位を維持していた[3]。 平成に入ってからの数年間も東大合格者数20~30人台、その後も二桁の合格者を維持していたが、ここ数年は若干名にとどまってきている(2007年春は3名)。

年表 編集

  • 1888年 - 麹町区飯田町五丁目の皇典講究所内(現在の千代田区飯田橋三丁目、東西線東京地下鉄東西線飯田橋駅A5出口付近)に府立一中校長・丸山淑人、松野勇雄、元田直、今泉定助らによって補充中学校の名称で創立。
  • 1891年 - 私立中学校に改変し、共立中学校と改称。
  • 1894年 - 私立から東京府に移管し東京府城北尋常中学校と改称(私立城北高は本校を母体に深井鑑一郎によって創設)。
  • 1899年 - 中学校令改正により、東京府城北中学校となる。
  • 1901年 - 東京府立第四中学校と改称。
  • 1903年 - 牛込区市ヶ谷加賀町一丁目(現在の新宿区市谷加賀町一丁目の新宿区立牛込第三中学校建設地)に移転。
  • 1943年 - 都制施行により東京都立第四中学校と改称。
  • 1948年 - 4月1日、新学制により都立第四新制高等学校となる。現校章制定。
  • 1949年 - 男女共学となる。7月15日、新宿区戸山町(現在の戸山三丁目)に移転。
  • 1950年 - 4月1日、都立戸山高等学校と改称。5月10日、火災により校舎全焼。
  • 1952年 - 学区合同選抜制度導入。
  • 1956年 - 第1回新宿高校戦実施。
  • 1966年 - 学園祭を戸山祭と改称。
  • 1967年 - 学校群制度発足。青山高と共に第22群に。
  • 1970年 - 1年生HR合宿開始。
  • 1982年 - 学校群制度が廃止され、グループによる合同選抜(グループ選抜)制度発足。赤城台高・駒場高・目黒高・都立大附属・新宿高・青山高・広尾高の各高校と第21グループに。
  • 1994年 - グループ合同選抜制度が廃止され、単独選抜制度発足。
  • 1996年 - 推薦入学選抜を初めて実施。東京私立中学高等学校協会の反対もあり適性試験は行われず。
  • 2001年 - 東京都進学指導重点校に指定される。
  • 2003年 - 1940年以来続いた学区制度が廃止され、旧第2学区外からの受検者が大幅に増加。新校舎への引っ越しも完了。
  • 2004年 - 文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受ける。定時制課程の募集が終了。以後閉課まで補欠募集のみ。
  • 2007年 - スーパーサイエンスハイスクールに再び指定(指定期間は5年間)。
  • 2008年 - 2007年度をもって定時制課程が閉課。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 『東京府立中学』 岡田孝一 同成社 を参照。
  2. 新生通信編『日本の名門高校ベスト100 公立高校編』(新生通信・朝日新聞社)を参照。
  3. 1980年代前後まで40~50名前後を東大に輩出していた。同時に、本校と同群の青山高校、および西高校と同群の富士高校それぞれの東大合格者数も常時30名以上輩出させる相乗効果も伴った。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki